anoyetta の開発記録

主にFFXIVとかACTとか。開発に関することやたまに趣味のことも書くかもしれない。

カウントダウンを拡張するスペル

スペスペのスペルを使ったちょっとした改善です。

FFXIV のカウントダウン機能は標準で提供されています。しかし少し物足りない部分がある。

  • 10秒前の通知もほしい
    学者だと展開戦術などの事前準備があります。そのトリガとして10秒前の明確な通知があると嬉しい。

  • 0秒で着弾するように詠唱開始の通知もほしい
    0秒きっかりで着弾したい。早くもなく遅くもなく。

例によってなくても当然出来ます。しかし攻略中はリスタートを繰り返すため気の抜けたタイミングで間違えたりします。10秒前からの事前準備が抜けてしまったりね。回数をこなすルーチンワークは完全にルーチン化してしまおうということです。システム化、再発防止策とはこういうものですね。

2つのスペルを用意する

f:id:anoyetta:20200203105422p:plain
私はこのように2つのスペルを用意しています。上が10秒前通知、下が2.5秒前の詠唱開始通知です。学者の詠唱は2.41秒ですが通知を聞いてからの反応は0.1秒から0.2秒くらいはかかりますのでそのマージンを見越して2.5秒前通知としています。この辺は好みです。MTの着弾より早くなってしまうわけにはいきませんからね。お手つきするぐらいならばコンマ数秒遅いほうがマシという調整にしてあります。

10秒前通知のスペル

f:id:anoyetta:20200203105843p:plain
f:id:anoyetta:20200203105917p:plain

duration でカウント秒数を拾うのと、マッチングワードの最後の ”(” がポイントです。カウントは人によってまちまちなのでその秒数は動的に拾います。最後の ”(” は5秒前などのログに対して誤判定させないためです。

2.5秒前通知のスペル

f:id:anoyetta:20200203110123p:plain
f:id:anoyetta:20200203110155p:plain

2.5秒前通知のスペルも基本的には一緒です。n秒前通知の設定が足りないため2つに分けているだけでやりたいことは同じです。

私のスペルパネル

drive.google.com

まとめ

私はレイドの立ち上がりが嫌いです。どのジョブでもそうですが一番忙しいですからね…。
ヒーラーはまだマシな方ではあります。最初に叩き込むアビリティが少ないですから。私はこの10秒前通知と2.5秒前通知でかなり気楽になりました。音に反応して動作する条件反射になりましたので考える要素が最終的に0になったからです。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.