anoyetta の開発記録

主にFFXIVとかACTとか。開発に関することやたまに趣味のことも書くかもしれない。

ACTおよび補助輪のインストール(完全版)

github.com
ACT、補助輪のインストールについてです。

はじめに

初のFFXIVとACTに関する記事です。ACT本体と補助輪(スペスペおよびスペスペたいむ、ウルスカ、ゆっくり)のインストール手順になります。
前々から書こうと思っていた内容なんですが、私にとっては全て頭に入っていて10分もかからずに終わる作業なのです。したがって文書化する手間が大きく感じられてしまって後回しになっていました。

他のサイトは見ていないのですがトラブルシューティングをしているととんでもない環境を作っている方が見受けられます。正しいセットアップ方法が広まっていないのだろうということで私が書こうと思いました。

インストール作業は大きく4つの作業になります。

  1. 前提条件を整える作業
  2. ACT本体のインストール作業
  3. 補助輪のインストール作業
  4. 初期設定

それでは順番に解説していきましょう。

1. 前提条件を整える作業

インストール作業に必要となるソフトウェアやランタイム*1のインストールを行います。

下記のソフトウェアをダウンロードしてインストールします。

  • 7-zip
    アーカイバ(圧縮・解凍ソフト)です。必ずしもこれでなくてもよいのですがこれがベストだと思います。「私は別のものを使っている」という人でも違いが分からないならば 7-zip に乗り換えたらいいと思います。
    少なくともこのインストール作業を行ってもうまく動作させられないという問合せをするならば必ずこれを使用して作業を行った上で問合せてください。
    以後、解凍する作業が発生した場合は必ず 7-zip を使用すること。

  • .NET Framework 4.7.2
    前述のいわゆる「ランタイム」です。C# などの .NET Framework で作られたソフトウェアを動作させるために必要なものです。OSにも標準で入っていますがバージョンが古い可能性があるので予め最新版をインストールしておきます。
    なんだかんだでACT以外にも .NET Framework で作られたソフトウェアは多いです。よって本件に限らずOSをインストールしたら最初に入れておけばいいと思います。

  • Visual Studio 2017 用 Microsoft Visual C++ 再頒布可能パッケージ
    C言語で作られたソフトウェアを動作させるためのランタイムです。TTSYukkuriの処理の一部で使用しているためインストールします。

これらのインストールが完了したら念のため再起動します。

2. ACT本体のインストール作業

2.1. ACT本体

  1. ダウンロードしてくる
    Advanced Combat Tracker -- Downloads f:id:anoyetta:20190406162705p:plain 必ずZIP版をダウンロードしましょう。

  2. 解凍して任意のディレクトリに配置する
    解凍したACT本体一式を任意のディレクトリに配置します。自分が管理しやすい好きな場所に配置して構いませんが、セットアップ完了後は場所を変えられなくなる ので注意してください。
    ただし、インストーラ版と同じになるようにと Program Files 配下に配置してはいけません。Program Files の配下はユーザが直接管理するディレクトリではありません。専らインストーラ、アンインストーラによって管理されるディレクトリです。OSとしてもそれらを前提としているため操作には特殊な権限が必要になります。手動で Program Files 配下に書き込むのも大変ですし、無理やり配置しても不具合の元になります。
    Dドライブがあればこんな感じに配置するのがよいかと思います。
    例)
    D:\app\ACTv3

    • Dドライブにユーザ管理用のアプリケーションフォルダ app を作る
    • app 配下に ACTv3 というフォルダを作ってACT一式を配置する  
       
  3. 管理者権限で起動するように設定する
    Advanced Combat Tracker.exe を右クリックしてプロパティを開き、管理者権限で実行するようにチェックを入れる。チェックを入れたらOKをクリックする。

  4. デスクトップにショートカットを作成する
    ショートカットなので何処に作ってもいいです。

2.2. ファイアーウォールの設定

  1. Windows ファイアーウォールによるアプリケーションの許可を開く

  2. 設定の変更 をクリックする
    f:id:anoyetta:20190406215126p:plain

  3. 別のアプリの許可 をクリックする
    f:id:anoyetta:20190406215205p:plain

  4. 参照 をクリックして先程配置したACT本体(Advanced Combat Tracker.exe)を選び、追加する

  5. プライベートとパブリックの両方にチェックを入れる
    f:id:anoyetta:20190406215543p:plain

  6. OK をクリックして終了する

  7. PCを再起動する
    PCのネットワーク設定が適切な場合はプライベートだけで良いですが、それがわからない人は両方チェックしてください。セキュリティ的に弱くはなりますが実害が出ることはないでしょう。

2.3. FFXIV_ACT_Plugin

  1. ダウンロードしてくる
    Releases · ravahn/FFXIV_ACT_Plugin · GitHub
    f:id:anoyetta:20190407013919p:plain

  2. 解凍して配置する
    ACTv3\plugin
    という階層でディレクトリを作って配置します。
    f:id:anoyetta:20191120091033p:plain

2.4. OverlayPlugin

ngld / OverlayPlugin
オーバーレイプラグインです。DPSのリアルタイム表示などを行います。またこのプラグインを使用してその他のデータを表示するプラグインもあるため最もポピュラーに使用されているでしょう。必ず上記の ngld 版 を使用しましょう。

3. 補助輪のインストール作業

  1. ダウンロードしてくる
    Releases · anoyetta/ACT.Hojoring · GitHub
    f:id:anoyetta:20190408103618p:plain

  2. 解凍して配置する
    ACTv3\plugin\Hojoring
    という階層でディレクトリを作って配置します。
    ACTv3\plugin を各種プラグインを格納するためのディレクトリとする。
    ACTv3\plugin\Hojoring はその配下の補助輪用ディレクトリという意味になります。
    最終的にこのような配置になっていればよい。
    f:id:anoyetta:20191120091236p:plain
    以後、手動でアップデートする場合はこの Hojoring ディレクトリを丸ごと上書きするだけで良い。
    ちなみに必ずしもこのようなディレクトリ構成でなければならないというわけではありません。ACTのインストールディレクトリ配下にまとめておいたほうが分かりやすいだろうということで一例を紹介しています。

  3. ACTを起動する

  4. セットアップウィザードが立ち上がるが Close をクリックする
    f:id:anoyetta:20190408110317p:plain ウィザードは使いません。

  5. プラグインを追加していく
    [Plugins] → [Browse] → 追加するプラグインを選択する → [開く] → [Add/Enable Plugin] と操作してプラグインを追加する。

    1) FFXIV_ACT_Plugin の追加 f:id:anoyetta:20190408110545p:plain

    2) 補助輪系プラグインの追加
    f:id:anoyetta:20190408110942p:plain 以下の3つを追加する

    • ACT.TTSYukkuri.dll
    • ACT.SpecialSpecllTimer.dll
    • ACT.UltraScouter.dll

    このような状態になればプラグインの追加は完了です。 f:id:anoyetta:20190408111348p:plain

6. 完了
ここまでの作業でインストール作業は完了です。
作業に不備がなければACT本体、FFXIV_ACT_Plugin、補助輪3種が正常に動作するはずです。
この後の作業は実用向けの初期設定になります。

4. 初期設定

4.1 ACT本体

f:id:anoyetta:20190408131145p:plain
f:id:anoyetta:20190408131410p:plain

  • Custom Trigger ~ threads
    カスタムトリガーの判定に使用する追加スレッド数。スペスペを使うため0でよい。変えても変えてなくても大した影響はない。
  • Number of secounds ~ encounter
    新しいエンカウントとして分離するための最後の戦闘からの経過秒数。90秒など適度に長くしておく。この時間が短い場合、戦闘中の長い演出などで集計が区切られてしまう。

4.2 FFXIV_ACT_Plugin

f:id:anoyetta:20190408130856p:plain
f:id:anoyetta:20190408130803p:plain

  • Parse Mode
    必ず「Network」にする。他のモードでないと動作しないという場合はセットアップが間違っているので手順を見直すこと。
  • Disable high-performance network filter
    必ず「チェックを入れない(OFFにしておく)」こと。FFXIV_ACT_Plugin はFFXIVとの通信を読み取ります。そのときYouTubeの視聴や配信など大きな通信が発生していると著しくパフォーマンスが落ちます。デフォルトではそれらの大きな通信を除外してパフォーマンスが落ちないようになっています。このチェックをONにするとのその除外フィルタが無効になります。チェックを入れても損しかしないので絶対にチェックしないこと。
  • Log File Location
    デフォルトの場所から変えておきます。ここで指定した場所に解析されたネットワークデータが保存されます。かなりのデータ量になりますので容量的に余裕のあるストレージを指定しておくと良いでしょう。なお書き込みのパフォーマンスは分析のパフォーマンスにはほとんど影響を与えないため、USBの外付けHDDでも何ら問題ありません。
  • Game Language
    「日本語」で。
  • Parse Fileter
    「Party」にします。
  • Combine Pets with Owner
    ペットのダメージをオーナーに合算する。好みで。
  • Hide Overlay
    ターゲット、フォーカスターゲット、ホバーターゲット、ターゲットのターゲットについての情報を隠す。
    これらの情報は UltraScouter で表示するため標準のオーバーレイは Hide にしておきましょう。

4.3 TTSYukkuri

f:id:anoyetta:20190408131743p:plain

  • メイン再生デバイス
    TTSなどを再生する再生デバイスを選択しておく。
    PCに複数の再生デバイスが接続されているときは、自分が再生したいデバイスが必ずしも初期設定になっているわけではありません。自分が再生させたいデバイスを確認しておくこと。設定後はテストをクリックして「本日は晴天なり」が再生されることを確認しておく。

4.3 FFXIV

判定の対象としない、かつ見ないログはOFFにしましょう。
ダメージ、回復系のログは出力行数も多いため特殊な事情がない限りOFFにしましょう。
f:id:anoyetta:20190524093145p:plainf:id:anoyetta:20190524093200p:plainf:id:anoyetta:20190524093211p:plainf:id:anoyetta:20190524093219p:plainf:id:anoyetta:20190524093228p:plainf:id:anoyetta:20190524093237p:plain

こちらも読みましょう

*1:ソフトウェアを動作させるための基本となるソフト。例えばC#で作られたソフトウェアは .NET Framework がインストールされていないと動かない

希望の園エデン零式:共鳴編 のスペスペたいむ

f:id:anoyetta:20200225125838p:plain

希望の園エデン零式:共鳴編のスペスペたいむ定義ファイルです。
全層アップする予定です。ただし私はゆっくりペースで攻略していますので1週目、2週目に全層揃うことはありません。

1層 VSラムウ

2層 VSガルーダ

3層 VSなんかちり紙みたいなやつ

4層 VSシヴァ

スペスペたいむ置き場

github.com

VS極ルビーウェポンのスペスペたいむ

f:id:anoyetta:20200223112622p:plain

極ルビーウェポンのスペスペたいむ定義を作りました。

タイムラインといってもトリガーしか定義していません。今回はFFXIV_ACT_Pluginのリリースが遅めだったため極ルビーウェポンの攻略は皆さんほぼ終わっているでしょう。それを踏まえてポイントとなる部分だけトリガーでサポートするような定義にしています。

5.1のヒーラーの改善点

f:id:anoyetta:20200203111522p:plain:w100f:id:anoyetta:20200203111534p:plain:w100f:id:anoyetta:20200203111545p:plain:w100

パッチ5.1時点におけるヒーラー3ジョブの改善点を私なりに洗い出してみました。

前提条件

  • あくまでもこうしたらより良くなるんじゃない?という前向きな話
  • バランスは専門家が調整するものなので私は考慮しない

ではそれぞれ行きましょうか。

白魔道士

現状でよく出来ていると思う。使っていて最も素直で扱いやすいと感じる。ヒーラーをやりたい人がまず最初に触るジョブ、ヒーラーの基本というコンセプトで5.0当初から丁寧に調整されていたからだと思う。

でも一応、改善点を出してみる。

  • シンプルHUDのスタック数の点を大きくしてほしい
    デフォルトHUDはデカい、シンプルを使うとする。でもリリーの点が小さすぎる。もうちょっと大きくていいと思う。

学者

4.x より大幅に改善している。でもまだプレイフィール的に「うーん」と思う部分も残っている。

  • 転化が終わってフェアリーが帰ってきたら元の位置、元の命令で戻ってきてほしい
    フェアリーは基本的にエリア中央に設置ですわな。今のコンテンツで動かす必要もほとんどない。でも転化を使ったときだけ再設置という作業が必要になる。転化の使い勝手を改善するために自動で戻ってくる仕様にしたのならば、再設置という追加作業までなくしてほしかった。

  • パクト中に他の命令を出してもパクトを継続してほしい
    パクトが意外と使いづらい。転化するタイミングでもなく、セラフ化するタイミングでもなく、他のフェアリースキルを使わなくていい場面でしか使えない。単体に対して強力な割に他の需要に干渉しない場面の選定が難しい。ゲージはどんどん溜まっていくのでもう少し気楽に捌ける仕様にしてほしい。

  • フェアリーのアビリティは命令に戻してほしい
    以前はGCDと無関係に実行できたが5.0からアビリティ化した。4,x の途中で命令の受付が早くなってプレイフィールが大幅に改善した。しかしアビリティ化によってその 4.x での改善効果を感じられなくなってしまった。HoTである囁きはまだよいが、イルミはレジストなのでギミック前に履かないといけないが実行してくれるまでが遅い。

  • 転化の効果を変えてほしい
    漠然としていますが回復魔法の効果20%アップの恩恵があまりない。というのはそもそも回復魔法をそう多く使わないから。20%強い士気が嬉しいか?というとその厚みじゃないと死ぬシチュエーションというのが特殊な状況になるのであまり需要がない。専らドレインを叩き込むための残弾補給として使うため回復量を強化したいタイミングと需要が重ならない。そもそも自分の回復量が上がることよりもフェアリーがいなくなるデメリット(フェアリー系スキルが全部使えなくなる)のほうが大きいので回復の需要が高い場面で使いたくないと思ってしまう。

占星術師

悪くない。けど今ひとつという感じもする。どの部分が?というとピンとこないがメインヒーラーとして白のほうが使っていて気持ちいいと感じる。カードをバンバンばら撒いている感覚は気持ちいいんだけども何かが物足りない。そんな感覚。

  • シナストリーの効果を変えてほしい
    学者の転化と同じです。そもそもGCDを消費する回復魔法をあまり使わないわけです。もちろんピンポイントで使用して活躍するほどの威力ではあるのですが効果時間のすべてを活用しているわけではない。なんか損した気分になる。それだったら秘策のようにピンポイント強化スキルでもいいんじゃないかと思う。

  • ディグニティはもう少し強くてもいいんじゃないか?
    推定威力としてディグニティは強い威力値を示している。でも実際にギリギリまで粘って使用したときに「ん?これだけ?」という感じが否めない。威力上昇について線形ではなく2次関数的的な上昇でもいいんじゃないか?と思う。
    しかしこの辺はバランスに大きく関わるのであくまでも「じゃないか?」という話。現在は粘った分のご褒美が足りなくて気持ちよくないという話。

まとめ

3ジョブ触っていると白が一番気持ちいいんですよね。シンプルだし、DPSも高いし、リリー・ブラッドリリー・ミゼリのシステムも楽しいし。違うシステムで同じ満足感を与えるというのはとても難しいと思います。なぜならば満足感というのはいろいろな要素が絡み合った最終結果であるから。しかし白といういい例があるのですからなんとか揃えてほしい、追いつかせてほしいと思います。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.