anoyetta の開発記録

主にFFXIVとかACTとか。開発に関することやたまに趣味のことも書くかもしれない。

ACTおよび補助輪のインストール(完全版)

github.com
ACT、補助輪のインストールについてです。

はじめに

初のFFXIVとACTに関する記事です。ACT本体と補助輪(スペスペおよびスペスペたいむ、ウルスカ、ゆっくり)のインストール手順になります。
前々から書こうと思っていた内容なんですが、私にとっては全て頭に入っていて10分もかからずに終わる作業なのです。したがって文書化する手間が大きく感じられてしまって後回しになっていました。

他のサイトは見ていないのですがトラブルシューティングをしているととんでもない環境を作っている方が見受けられます。正しいセットアップ方法が広まっていないのだろうということで私が書こうと思いました。

インストール作業は大きく4つの作業になります。

  1. 前提条件を整える作業
  2. ACT本体のインストール作業
  3. 補助輪のインストール作業
  4. 初期設定

それでは順番に解説していきましょう。

1. 前提条件を整える作業

インストール作業に必要となるソフトウェアやランタイム*1のインストールを行います。

下記のソフトウェアをダウンロードしてインストールします。

  • 7-zip
    アーカイバ(圧縮・解凍ソフト)です。必ずしもこれでなくてもよいのですがこれがベストだと思います。「私は別のものを使っている」という人でも違いが分からないならば 7-zip に乗り換えたらいいと思います。
    少なくともこのインストール作業を行ってもうまく動作させられないという問合せをするならば必ずこれを使用して作業を行った上で問合せてください。
    以後、解凍する作業が発生した場合は必ず 7-zip を使用すること。

  • .NET Framework 4.8
    前述のいわゆる「ランタイム」です。C# などの .NET Framework で作られたソフトウェアを動作させるために必要なものです。OSにも標準で入っていますがバージョンが古い可能性があるので予め最新版をインストールしておきます。
    なんだかんだでACT以外にも .NET Framework で作られたソフトウェアは多いです。よって本件に限らずOSをインストールしたら最初に入れておけばいいと思います。

  • Visual Studio 2017 用 Microsoft Visual C++ 再頒布可能パッケージ
    C言語で作られたソフトウェアを動作させるためのランタイムです。TTSYukkuriの処理の一部で使用しているためインストールします。

これらのインストールが完了したら念のため再起動します。

2. ACT本体のインストール作業

2.1. ACT本体

  1. ダウンロードしてくる
    Advanced Combat Tracker -- Downloads f:id:anoyetta:20190406162705p:plain 必ずZIP版をダウンロードしましょう。

  2. 解凍して任意のディレクトリに配置する
    解凍したACT本体一式を任意のディレクトリに配置します。自分が管理しやすい好きな場所に配置して構いませんが、セットアップ完了後は場所を変えられなくなる ので注意してください。
    ただし、インストーラ版と同じになるようにと Program Files 配下に配置してはいけません。Program Files の配下はユーザが直接管理するディレクトリではありません。専らインストーラ、アンインストーラによって管理されるディレクトリです。OSとしてもそれらを前提としているため操作には特殊な権限が必要になります。手動で Program Files 配下に書き込むのも大変ですし、無理やり配置しても不具合の元になります。
    Dドライブがあればこんな感じに配置するのがよいかと思います。
    例)
    D:\app\ACTv3

    • Dドライブにユーザ管理用のアプリケーションフォルダ app を作る
    • app 配下に ACTv3 というフォルダを作ってACT一式を配置する  
       
  3. 管理者権限で起動するように設定する
    Advanced Combat Tracker.exe を右クリックしてプロパティを開き、管理者権限で実行するようにチェックを入れる。チェックを入れたらOKをクリックする。

  4. デスクトップにショートカットを作成する
    ショートカットなので何処に作ってもいいです。

2.2. ファイアーウォールの設定

  1. Windows ファイアーウォールによるアプリケーションの許可を開く

  2. 設定の変更 をクリックする
    f:id:anoyetta:20190406215126p:plain

  3. 別のアプリの許可 をクリックする
    f:id:anoyetta:20190406215205p:plain

  4. 参照 をクリックして先程配置したACT本体(Advanced Combat Tracker.exe)を選び、追加する

  5. プライベートとパブリックの両方にチェックを入れる
    f:id:anoyetta:20190406215543p:plain

  6. OK をクリックして終了する

  7. PCを再起動する
    PCのネットワーク設定が適切な場合はプライベートだけで良いですが、それがわからない人は両方チェックしてください。セキュリティ的に弱くはなりますが実害が出ることはないでしょう。

2.3. FFXIV_ACT_Plugin

  1. ダウンロードしてくる
    Releases · ravahn/FFXIV_ACT_Plugin · GitHub
    f:id:anoyetta:20190407013919p:plain

  2. 解凍して配置する
    ACTv3\plugin
    という階層でディレクトリを作って配置します。
    f:id:anoyetta:20191120091033p:plain

2.4. OverlayPlugin

ngld / OverlayPlugin
オーバーレイプラグインです。DPSのリアルタイム表示などを行います。またこのプラグインを使用してその他のデータを表示するプラグインもあるため最もポピュラーに使用されているでしょう。必ず上記の ngld 版 を使用しましょう。

3. 補助輪のインストール作業

  1. ダウンロードしてくる
    Releases · anoyetta/ACT.Hojoring · GitHub
    f:id:anoyetta:20190408103618p:plain

  2. 解凍して配置する
    ACTv3\plugin\Hojoring
    という階層でディレクトリを作って配置します。
    ACTv3\plugin を各種プラグインを格納するためのディレクトリとする。
    ACTv3\plugin\Hojoring はその配下の補助輪用ディレクトリという意味になります。
    最終的にこのような配置になっていればよい。
    f:id:anoyetta:20191120091236p:plain
    以後、手動でアップデートする場合はこの Hojoring ディレクトリを丸ごと上書きするだけで良い。
    ちなみに必ずしもこのようなディレクトリ構成でなければならないというわけではありません。ACTのインストールディレクトリ配下にまとめておいたほうが分かりやすいだろうということで一例を紹介しています。

  3. ACTを起動する

  4. セットアップウィザードが立ち上がるが Close をクリックする
    f:id:anoyetta:20190408110317p:plain ウィザードは使いません。

  5. プラグインを追加していく
    [Plugins] → [Browse] → 追加するプラグインを選択する → [開く] → [Add/Enable Plugin] と操作してプラグインを追加する。

    1) FFXIV_ACT_Plugin の追加 f:id:anoyetta:20190408110545p:plain

    2) 補助輪系プラグインの追加
    f:id:anoyetta:20190408110942p:plain 以下の3つを追加する

    • ACT.TTSYukkuri.dll
    • ACT.SpecialSpecllTimer.dll
    • ACT.UltraScouter.dll

    このような状態になればプラグインの追加は完了です。 f:id:anoyetta:20190408111348p:plain

6. 完了
ここまでの作業でインストール作業は完了です。
作業に不備がなければACT本体、FFXIV_ACT_Plugin、補助輪3種が正常に動作するはずです。
この後の作業は実用向けの初期設定になります。

4. 初期設定

4.1 ACT本体

f:id:anoyetta:20190408131145p:plain
f:id:anoyetta:20190408131410p:plain

  • Custom Trigger ~ threads
    カスタムトリガーの判定に使用する追加スレッド数。スペスペを使うため0でよい。変えても変えてなくても大した影響はない。
  • Number of secounds ~ encounter
    新しいエンカウントとして分離するための最後の戦闘からの経過秒数。90秒など適度に長くしておく。この時間が短い場合、戦闘中の長い演出などで集計が区切られてしまう。

4.2 FFXIV_ACT_Plugin

f:id:anoyetta:20190408130856p:plain
f:id:anoyetta:20190408130803p:plain

  • Parse Mode
    必ず「Network」にする。他のモードでないと動作しないという場合はセットアップが間違っているので手順を見直すこと。
  • Disable high-performance network filter
    必ず「チェックを入れない(OFFにしておく)」こと。FFXIV_ACT_Plugin はFFXIVとの通信を読み取ります。そのときYouTubeの視聴や配信など大きな通信が発生していると著しくパフォーマンスが落ちます。デフォルトではそれらの大きな通信を除外してパフォーマンスが落ちないようになっています。このチェックをONにするとのその除外フィルタが無効になります。チェックを入れても損しかしないので絶対にチェックしないこと。
  • Log File Location
    デフォルトの場所から変えておきます。ここで指定した場所に解析されたネットワークデータが保存されます。かなりのデータ量になりますので容量的に余裕のあるストレージを指定しておくと良いでしょう。なお書き込みのパフォーマンスは分析のパフォーマンスにはほとんど影響を与えないため、USBの外付けHDDでも何ら問題ありません。
  • Game Language
    「日本語」で。
  • Parse Fileter
    「Party」にします。
  • Combine Pets with Owner
    ペットのダメージをオーナーに合算する。好みで。
  • Hide Overlay
    ターゲット、フォーカスターゲット、ホバーターゲット、ターゲットのターゲットについての情報を隠す。
    これらの情報は UltraScouter で表示するため標準のオーバーレイは Hide にしておきましょう。

4.3 TTSYukkuri

f:id:anoyetta:20190408131743p:plain

  • メイン再生デバイス
    TTSなどを再生する再生デバイスを選択しておく。
    PCに複数の再生デバイスが接続されているときは、自分が再生したいデバイスが必ずしも初期設定になっているわけではありません。自分が再生させたいデバイスを確認しておくこと。設定後はテストをクリックして「本日は晴天なり」が再生されることを確認しておく。

4.3 FFXIV

判定の対象としない、かつ見ないログはOFFにしましょう。
ダメージ、回復系のログは出力行数も多いため特殊な事情がない限りOFFにしましょう。
f:id:anoyetta:20190524093145p:plainf:id:anoyetta:20190524093200p:plainf:id:anoyetta:20190524093211p:plainf:id:anoyetta:20190524093219p:plainf:id:anoyetta:20190524093228p:plainf:id:anoyetta:20190524093237p:plain

こちらも読みましょう

*1:ソフトウェアを動作させるための基本となるソフト。例えばC#で作られたソフトウェアは .NET Framework がインストールされていないと動かない

絶アレキサンダー討滅戦 のスペスペたいむ

f:id:anoyetta:20200908162545p:plain

久しぶりの投稿です。
最新の補助輪 のリリースノートで絶アレキサンダー討滅戦のスペスペたいむ定義について触れたのでついでに記事を…と思いまして。

解説(能書き)付きです。

目次

解説

全体を通して

絶アレキについてはスペスペたいむはかなり効果的に作用するというのが私の感想です。後半にかけて複雑な判断を要するギミック、その判断の速さがギミックそのものの成否、更にはDPSチェックとも連動していると思われるからです。言うまでもなくそういった複雑な判断に対しては、スペスペたいむ(というかプログラム全般にだが)は有効に作用します。

では、各フェーズ・ギミックを解説していきましょう。

実際の定義のファイルは非常に長いため最後に掲載しています。

リキッドフェーズ

フェーズの総評

効かない。

フェーズの詳細

いきなり「効かない」と言われて面食らうかもしれませんが、そういう作りのフェーズです。

絶アルテマと同様にアップテンポなフェーズ、早く正確な操作、与ダメージのコントロールが求められるフェーズです。どうやってもミスの確率は高く、冒頭にミス率の高いギミックを配置することでコンテンツ全体の難易度とする。そういうフェーズです。

ツールがどうこうというより、安定した結果を出すこと、目的にフォーカスすること、これが求められています。ここでいう目的とは「フェーズを踏破すること」です。個人DPSを求めることや、スキル回しを詰めること、アクティブ率を高めることではないということですね。

サイコロフェーズ

フェーズの総評

よく効く。

フェーズの詳細

マーカを視認する必要はなくなります。判断が早くなる。私の書いたものならば回数と着弾タイミングも正確に通知するため、習得が早くなります。ちなみにホークブラスターの着弾サイクルは2.2秒です。

2体フェーズ

フェーズの総評

まあまあ効く。

フェーズの詳細

水爆発がついた。雷爆発がついた。これらを通知することが出来ます。

ナイサイのペアの通知や表示については、テーブルを駆使して書けば完全な表示を作ることも出来るでしょう。しかしそこまで作り込むまでもなく踏破してしまいました。攻略の序盤で問題となるのはそれらのペアの認識でしょう。そこを完全に支援していないので「まあまあ」という効果測定になります。

このフェーズについてもツールがどうこうというよりも戦術の選定がキーになると思います。とにかく交差の少ない戦術を選定すること。与ダメージについては問題ない。交差が生じる限りどんなに熟練してもポカミスが出ます。そしてそれが攻略進捗へのボトルネックとなる。

時間停止

フェーズの総評

とても有効。

フェーズの詳細

スペスペたいむの判定によって無力化できる。一切の思考は要らず、通知から移動までの余裕が十分にある。後にも出てくるが時間操作系では補助輪使いは殺せない。

時空潜航

フェーズの総評

ツール関係なし。

フェーズの詳細

ツールで判定すべきことが存在しないフェーズ。結晶の配置のトレーニングくらいか?しかし習熟に時間を要しない。フェーズ、ギミック自体の難易度が低い。この前段のフェーズである時間停止を無力化していることの恩恵も大きいかもしれない。時間停止まで到達したら(2体を倒したら)必ず時空潜航までは練習できる。

次元断絶

フェーズの総評

よく効く。

フェーズの詳細

スペスペたいむの要領としてはサイコロフェーズと同様である。しかし、サイコロフェーズよりも操作の密度が低い、早い動きを求められない。ということで、通知によって自分の動きを教えてもらえることがより有効に作用する。よく山場のように表現されるが、実際はそうではないと思われる。一見して覚えることの量が多そうに思えるため、山場のように表現されるのだと考えられる。実際のやることは番号に依らずパターン化している。よって、教える人のプレゼン能力や解説動画、サイトの質の問題ではないかと思われる。

通知の内容

  • 何番が付与されて最初にどの方角に行くのか?
  • 何回目の懺悔に入るのか?

この2点を v-notice で表示する。移動した先での挙動は大凡では同じである。このくらいの通知にしておくのが、調整コストとの兼ね合いからも妥当だと思われる。

断絶を踏破するために習得すべきコツ

ついでに攻略解説。番号による行き先、懺悔の処理順はツールがサポートしてくれる。あとはプレイヤー自身がコツを習得することで踏破できる。プレイヤーが習得すべきコツ(タスク)を下記に列挙する。

共通的なコツ
  • 奇数番のとき、ソードを出させた後にチャージに干渉しない小さなムーブのコツ
  • 懺悔から出てソード/チャージを処理しに行くタイミング、迅速な移動のコツ
  • チャクラムを避けるまでの間に1番目の懺悔に入っていても問題ないということを理解すること
番号固有のコツ
  • 1番は、アポカリを正確な方角に出力させるためにソード→チャージ回避を小さなムーブで行うこと
  • 3番は、アポカリ、十字に干渉しやすいため、干渉に対してより安全マージンを取ったムーブを行うこと
  • 4番は、自身がアポカリを当たらないようにするための安全マージンを取った位置にジャスティスを落とすこと

実践よるコツが必要になるのはこれらだと考えられる。それぞれを絵面で説明することも出来るが、この記事は攻略記事ではないのでやめておく。

3体フェーズ

フェーズの総評

まあまあ効く。

フェーズの詳細

耐えて、殴って、回復して、というだけのフェーズ。殴りは最終的にかなりの余裕が出るため、結局は冷静さを試されているだけと言える。全体攻撃は本当に痛いのでそれに対する軽減のタイミングが重要であるとも言える。よってその軽減を放つタイミングを通知できることは有効であると考えられる。そうはいっても所詮は軽減のカンペ程度なので「まあまあ」という評価になる。

パーフェクトアレキ

フェーズの総評

よく効く。

フェーズの詳細

行動命令・静止命令

トリガーで引っ掛ける。スケベ根性を出さなければ死ぬことはない。

コツ
  • スケベ根性を出すな

ここで一発多く殴れても、殴れなくてもクリアには影響がない。DPSチェックにはほぼ影響がない。スケベが死んでクリアが遠のく。ただそれだけ。スケベ殺しのギミック。

未来観測α

どこに行くべきか通知する。影を見る必要はない。まずミスらない。
行動命令、静止命令の予測も拾えるため、一切の憂いはない。しっかりと殴りましょう。

コツ
  • ギリギリまで殴れ

殴れなくなってから移動で十分に間に合います。ここについてはキッチリと殴りきりましょう。ギミックそのものについては懸念はありません。

未来観測β

どこに行くべきか通知する。影を見る必要はない。まずミスらない。
頭割り or 散開、拝火の安置は視認する必要があるが、見やすいので心配する必要はない。しっかり殴りましょう。

コツ
  • 場外に出ない位置取り
    強制移動させられる → その後に操作して位置調整する
    厳密にはこういうギミック処理です。よって、壁ギリギリを攻める必要はなく、壁に当たらない十分な安全マージンを取った位置取り、推定移動角度を確保することがコツ。

  • スーパージャンプの正確な誘導
    しっかりと距離を稼がないと死ぬ。ジャンプの移動方向が正確でないと複数のジャンプが飛んできて死ぬ。というわけで、強制移動後のジャンプ誘導係は正確に東西南北に立って誘導するのがコツ。

聖なる大審判

そもそも難しくない。
ちなみにスペスペたいむで判定できそうな要素を発見したので試しに実装してみた。詰めていけば完全な通知も可能であると見込んでいるが、完成する前にギミックに慣れてしまったのでコメント化した。誰か気が向いたら引き継いで完成させると面白いかもしれない。

現在の実装は…
  • 予兆1回目に合わせて通知「1、動くー」
  • 予兆2回目に合わせて通知「2、動くな」
  • 予兆3回目に合わせて通知「3、動くー」
  • 本番1発目の着弾に合わせて通知「戻るー」

となっている。当初は焦って認識しづらいであろう予兆、本番の回数とそれに対して挙動を教えるようになっている。補助としてはこのくらいが妥当なところだと考えられる。

完全通知を実現させた場合は…
  • 予兆1回目に合わせて通知「1、北へ(or 南へ, or そのまま)」
  • 予兆2回目に合わせて通知「2、動くな」
  • 予兆3回目に合わせて通知「3、東へ(or 西へ)」
  • 本番1発目の着弾に合わせて通知「戻るー」

理論上、ここまで具体的な通知を作り込むことも出来ると思われる。しかし、完全通知の完成までのデバッグ工数をかけている間にクリアしてしまうものと思われる。この辺が作り込むほどの妥当性がないとした理由である。

定義ファイル

希望の園エデン零式:共鳴編 のスペスペたいむ

f:id:anoyetta:20200225125838p:plain

希望の園エデン零式:共鳴編のスペスペたいむ定義ファイルです。
全層アップする予定です。ただし私はゆっくりペースで攻略していますので1週目、2週目に全層揃うことはありません。

1層 VSラムウ

2層 VSガルーダ

3層 VSなんかちり紙みたいなやつ

4層 VSシヴァ

スペスペたいむ置き場

github.com

VS極ルビーウェポンのスペスペたいむ

f:id:anoyetta:20200223112622p:plain

極ルビーウェポンのスペスペたいむ定義を作りました。

タイムラインといってもトリガーしか定義していません。今回はFFXIV_ACT_Pluginのリリースが遅めだったため極ルビーウェポンの攻略は皆さんほぼ終わっているでしょう。それを踏まえてポイントとなる部分だけトリガーでサポートするような定義にしています。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.