anoyetta の開発記録

主にFFXIVとかACTとか。開発に関することやたまに趣味のことも書くかもしれない。

60%キーボードでいいじゃない?

f:id:anoyetta:20200131143940p:plain

最近キーボードを変えました。私はもともとフルキーボード派です。なぜならばそれがスタンダードだからですね。私はスタンダードにこだわります。汎用性や再現性、メンテナンス性など、いつでもどこでもすぐに同じ環境で作業ができるということに非常に拘っているのです。

そんな理由でキーボードは必ずフルサイズとしていたのですがそれでも非合理的な部分が気になっていました。

  • 右手でマウスを使うのにテンキー分で右側のスペースを多く取られる
  • 押さないキーがいっぱい付いている

うーんと。悩みましたが後述する60%キーボードが気になってしょうがないのでついに変えちゃったということです。

DROP ALT MECHANICAL KEYBOARD

drop.com

Massdrop という共同購入サイトが独自に開発、販売している ALT というキーボードです。60%キーボードは今流行りですので他にも色々と出ています。なぜこれを買ったかというと。

  • デザインが気に入った
    シンプルです。キーも光るし、サイドも光る。キーボード、マウスは光ってくれたほうが暗いところでも使いやすくていいと思っています。

  • キースイッチが交換可能
    メカニカルキーボードです。いわゆる、青軸、茶軸、赤軸 とかを選ぶやつですね。実はメカニカルキーボードのキースイッチというのは前述の3種だけではなく無数にスイッチの種類があるのです。私はそれらのキースイッチを複数持っていまして気分というか、なんとなく付け替えて使っています。キースイッチが交換できないとキーボードごと買い換えないといけないわけですね。流石に無駄遣いがすぎる。

  • ファームウェアをカスタマイズできる
    ゲーミングキーボードだと一部のキーを無効化したり、キーを入れ替えたりということが出来ます。これはそれをキーボードのファームウェアレベルで設定することができるのです。自分の好きなキーレイアウトを指定してファームウェアをコンパイルして基盤に書き込むと。難しそうに思えますが実際はゲーミングキーボードのユーティリティでの設定に毛が生えた程度の作業です。

  • 完全な60%キーより4キー多い
    私は PrintScreen, Home, End をよく押します。よって完全な60%キーボードですとそれらのキーがないので流石に使いづらいのです。この ALT は60%キーボードより4キー多いためそれらのキーを割り当てることが出来ます。デフォルトの配列では PrintScreen, End キーはありませんが、そこは前述のファームウェアで変えてしまえばいいのです。

60%キーボードに変えてみて…

大満足です。
机上が広くなったのがいいですね。机上の配置も均等になり、スペース以上にスッキリした印象を受けます。私はものの位置などに神経質なのでこれが最高に嬉しい(笑

疑問1. Fキーないけど平気?

平気ですね。Fn + 1~ が Fキーになります。特に困らないですね。すぐに慣れました。

疑問2. テンキー無いけど平気?

これも問題ないです。事務作業をするのでなければテンキーはなくていいです。
FFXIV ではテンキーをショートカットとして使っていましたがそれも別のキーに変えてみて何ら問題なかったです。むしろ小さいキーボードですべてホームポジションから届くことで無駄な手の移動が減ってよかったと思っています。

おすすめ!

というわけでメカニカルキーボードがお好きな方にはお勧めします。ちなみに60%はちょっとという方にはTKLモデルもあります。

TKLモデル DROP CTRL drop.com

キースイッチどれがいいの?

キーボードマニア向けのキーボードですのでキースイッチの選択肢が多いです。マニア以外にはわからないと思いますので私のオススメを紹介いたします。

これを選んでおけば大体OK

  • Cherry MX Brown RGB
    定番です。静かで軽く、押した感じがあるという最も平均的なキーです。よく分からんという人はこれを選んでおけばOK。

  • Kaihua Speed Silver
    Brown と似た感じですが押した感触(クッという感触)がないタイプのキーです。また、Speed軸ということで動作までの押し込み量が少なくなっています。ゲーミングデバイスメーカーのメカニカルキーボードでよく採用されているゲーミング向けのキースイッチと言えるでしょう。Brown か Silver かは好みの問題です。動作接点の深さはプラシーボ程度だと思います。それよりも押したときの感触のほうが重要です。押していてしっくりこないキーボードを使い続けることはできないですから…。

やめておいたほうがいい

  • Halo Clear
  • Halo True

実はMassdrop的にはこれらを推しています。ALT, CTRL 向けに開発されたカスタムキースイッチで高品質なスイッチとなっています。私も持っています。押していて確かに高級感を感じます。でも…、スプリングが重いのですわ。基本的にキーを底まで打たないでタイプするという高速タイピング向けのキースイッチになっています。使っていてその気持ちはよくわかります。確かに正確に高速タイプ出来ます。でも疲れるんですよ、本当に指が筋肉痛になるような感じがします。逆に指の力が有り余っている人にはこれらのキーは最高のキースイッチであると言えるでしょう。

私のお気に入り

  • Kaihua Box White
    クリッキータイプのキーです。スイッチの中に音の出る部品をあえて組み込んであって、キーを押すと明確に「カチっ」という音がするタイプのキースイッチです。この種類のキースイッチだと一般的には青軸が有名です。この Box White というキースイッチはそれを発展させたキースイッチとなっています。表現がしづらいのですが青軸よりも安定したタイプ感、落ち着いたクリック音という感じでしょうか。クリッキー派の人には一度使ってみることをお勧めします。

では皆さま、キーボード沼へようこそ♪

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.